逸品の観光ルート
現在位置:ホーム > テキスト
甘粛のルーツ探し、祖先祭祀の黄土風情旅行

  甘粛省は中華民族の発祥地の一つであり、甘粛省の東部、中部地区のあちこちに、先祖たちの輝かしい面影を残した。この線路は蘭州-天水-定西-平涼-慶陽など中国の旅行都市が接続している。

  この路線を選択すれば、観光客は伏羲廟の見学ができ、秦安大地湾の文化遺跡も遊覧することができる。そして、国内外でも有名な「李家竜宮」が訪れ、自ら崆峒平涼山の武術も体験でき、華夏農耕文化の発祥地である甘粛慶陽の独特の魅力も感じられる。また、自分の需要によって「プライベートカスタム」の線路を決めることもでき、海外の華人華僑の望郷の期待を満足している。

  主な観光スポット

  伏羲廟

   伏羲廟は、天水市の秦城区の西関にあり、伏羲を祭っているの廟で、全国で最も古い歴史、最も壮大な規模を持っている。

  南郭寺

  南郭寺は、陇右の第一名刹である。天水市の南2キロの山間の平地にあり、敷地面積は5.7平方メートルである。木が多く植えられ、古い柏が天を突き、風景は優美で、鳥がさえずり、花の香りが漂い、天水八景の一つに数えられている。

  李家竜宮

  李家竜宮(李氏の祠)は唐初、建てられ、唐代の宮廷式の古い建築群で、天下の李氏一族の敦宗睦族、先祖の祭祀の霊廟である。唐太宗の李世民によって書かれた「李家竜宮」で国内外によく知られる。陇西の李氏文化遺跡を研究する重要なキャリヤーとシンボル的な建物の一つであり、陇西で保存されてきた唯一の古い建築群でもある。

  貴清山 遮陽山観光スポット

  貴清山森林公園は東と西のの二大観光地区から成っている。東は貴清山、西は遮陽山で、この二つの山が東西に対峙し、お互いに映え、隴中黄土高原の最も奇異で美しい自然風景スポットである。

  崆峒山

  崆峒山は、道教有史以来の最も早い発祥地で、道教の主流派である全真派の聖地である。崆峒山は神様が作られたように、峰々が勢いよく対峙し、、険しい崖が高く聳えたち、木々が生い茂り、林は海のように広く、静かで幽玄の世界を作っている。高い峡と静かな湖があり、水天一色で、漓江の神韻を持っている。

  川王母宮

  中国西北部の有名な道教宮観の一つで、甘粛省の涇川県境内の王母宫山にある。観光地区は主に王母宮、瑶池、回屋、石窟など4つの名所から成っている。話によると、王母宮は西王母の誕生地、発祥地と祖廟所在地だと言われる。

  周祖陵

  周祖陵は長い歴史を持って、霊気に富み、古来より観光地である。山頂に有名な墓があるため――周先祖の不窋陵で名付けられ、「華夏周祖第一陵」と讃えられている。

  慶陽農耕民俗文化村

  慶陽農耕民俗文化村は西峰区の董志鎮の境内にあり、民俗の鑑賞、レジャー娯楽、宗教文化を一体させる総合風景観光区である。

  豆知識:

  この路線の全長は487キロである。蘭州-定西は105キロ、蘭州-天水は365キロ、天水-平涼は265キロ、平涼-慶陽じゃ159キロ、蘭州-平涼は328キロ蘭州-慶陽は487キロである。この路線の長さは、勝手に組み合わせることができる。交通手段は自動車、列車である。もし直接に慶陽へ行けば、蘭州から直接飛べる。

Copyright 2014 Gsta.Gov.cn All Rights Reserved        1280x1024の解像度を使用することをお勧めします        IE8.0以上のブラウザ
著作権甘粛省観光局       webmaster@gsta.gov.cn       ロングICP番号08000046