逸品の観光ルート
現在位置:ホーム > テキスト
甘粛革命観光旅行コース

  甘粛省は、輝かしい古代文化だけでなく、感動される革命歴史をも持っている。20世紀の三、四十年代、甘粛の広大な大地で革命の炎が燃え、この星のような炎が一つ一つに集まって古い統制を砕ける勢い良い力になった。

  甘粛省は中国工農工軍の25000里長征の勝利の経由地と会合地であり、中国西部の初めての革命政権の誕生地であると同時に、西路赤軍の悲壮的な歴史の証明地である。ここで観光革命聖跡が300カ所あり、現在、革命教育、革命犠牲者を偲ぶ場所、亡霊を慰める聖地になっている。それに、ここは、「赤色観光」を展開する理想地でもある。

  主な観光スポット:

  八路軍の蘭州弁事処革命遺跡記念館

  八路軍の蘭州弁事処は1937年5月から1943年11月までの抗日戦争の時期に、中国共産党が公開に設立されていた事務機構である。捕虜の救出、紅軍西路軍の兵士の収容、抗日民族統一戦線の推進、進歩靑年の延安への輸送、そして抗戦物資の転運などの方面に大きな役割を果たしていた。
  会寧紅軍会師旧跡
  会寧県は中国工労紅軍の長征の「四大フォーカスポイント」(出発点瑞金、フラグ遵義、合流点会寧、足溜り延安)の一つである。1936年10月に、紅軍の三大主力部隊はここで合流し、中国革命の成功を意味し、世界的に有名な25000里の長征の勝利に終わったということを象徴している。
  華池南梁革命記念館

  記念館は甘粛の華池県の梁南郷の荔園堡にあり、敷地面積が33ムーで、総建築面積は2281平方メートルである。記念館の大門の左側に陳雲同誌によって書かれた「南梁革命記念館」という縦の馆名が刻まれている。玄関の中の真正面には古風らしい鳥居が建てられ、鳥居の真ん中に元の中国共産党中央総書記の胡耀邦によって書かれた「南梁革命記念館」という7つの大きい字が刻まれている。鳥居の後ろには南梁革命烈士の記念塔があり、塔座の東西両壁と裏の面に劉志丹、謝子長など608名の革命犠牲者の名前が刻まれている。

  甘南・迭部腊子口戦争遺跡
  1935年9月17日に、中国工農紅軍は一挙に腊子口という天険を突破し、紅軍北上の陕甘の通路を開いた。腊子口戦役は中国工農紅軍の長征戦争史上の素晴らしい戦いで、腊子口も著名な革命古跡になった。
  隴南宕昌哈达铺紅軍の長征の旧跡
  1935年に、中国工農紅軍は哈达铺で陝北へ北上して、革命根拠地を建てるという戦略的な計画を立てた。哈达铺紅軍長征旧址嬌郡は、紅軍が甘粛省の長征途中で陳列されている革命文物が最も多く、元の様子を最も完備している旧跡群である。
  張掖・高台中国工農紅軍西路軍記念館
  中国工農紅軍西路軍記念館は、高台県の東南の隅にあり、1957年に建設が始まった。園内に埋まっている方々は、紅軍西路軍が河西を転戦して、高台を戦闘して壮烈に犠牲した紅五軍軍長の董振堂、政治部主任の楊克明と3000数名の紅西路軍革命烈士である。2006年に、全国の「紅色旅行典型観光スポット」の一つに挙げられ、現在、全中国でも紅西路軍の歴史を反映している最も全面的で、最も権威的な記念館である。

Copyright 2014 Gsta.Gov.cn All Rights Reserved        1280x1024の解像度を使用することをお勧めします        IE8.0以上のブラウザ
著作権甘粛省観光局       webmaster@gsta.gov.cn       ロングICP番号08000046