逸品の観光ルート
現在位置:ホーム > テキスト
甘粛シルクロード逸品旅行

  シルクロード旅行は中国国家観光局の対外重点なお勧めの12のホット旅行コースの首で、中国で最も魅力的なテーマ旅行のルートでもある。このルートは甘粛天水-平涼-蘭州-武威-張掖-酒泉-嘉峪関-敦煌などの中国の優秀な旅行都市が連続されている。

  この観光ルートには、シルクロード沿線の最も代表的な人文古跡、例えば、世界に名を馳せる敦煌莫高窟、麦山石窟、保存状態の良い秦、漢と明の時代の万里の長城と天下一の雄関――嘉峪関が味わわれ、砂漠ゴビ、砂の海のオアシス、氷河雪峰、森林草原、サリン丹霞などの西部の壮大な風光も楽しまれ、独自の特色を持つ民族の風情も体験されることができる。

  主な観光スポット:

  莫高窟
  莫高窟は敦煌市の東南25キロメートルのところにあり、洞窟の開始は西暦366年から始まり、1600年あまりの連続歴史を持っている。現存の洞窟は492個、歴代の壁画は4万5000平方メートル、彩色の塑像は2400余りがある。莫高窟は建築、彫刻、絵画を一体させる人類の芸術宝蔵と言えるだろう。

  敦煌雅丹国家地質公園

  中国最大の、地質形態の発育に最も成熟し、最も見る価値の雅丹地形群落である。観光地区は東西約25キロ、南北約18キロで、観光スポットの造型が細工で巧みである。『英雄』という映画がここで撮影してから、その雄壮で美しい風光に魅了されていた観光客が数多くあり、敦煌の魅力的な観光地の一つになった。

 

  敦煌鳴沙山月牙泉風景名勝区

  鳴砂山、月牙泉は、古来から「山泉の共存、砂水の共生」という不思議な景観で世界に知られ、「関所以外の風景の一品」と讃えられる。鳴砂山は古くから「砂角山」とも「神砂山」とも呼ばれ、観光客が砂山登山の時、斜面を滑り降りると、砂が鳴り響いたので鳴砂山と名付けた。その砂は赤、黄色、緑、黒、白の五色で「五色の砂」と呼ばれる。砂丘の間には新月形をした湖が、山に抱かれるようにして横たわっている。清らかでその表面は鏡のように静かなこの湖が月牙泉と言われる。数千年来、泉が砂山に抱かれ、砂山が泉に映っていて、まるできらきらと透明な翡翠が砂山の奥山に嵌め込んでいるようである。「風が吹くと砂を挟んで鳴り響き、月が泉に映って埃一つもない」という言葉がある。流砂のと清水の間はわずか数十メートルだけであるが、狂猛な風が吹いても泉が砂に埋もれなく、そして、ゴビ砂漠に位置しながら乾かない。このような「砂と水が共生で、山と泉が共存する」といった地形の特徴は、確かに奇談と言えるだろう。

  敦煌陽関文物観光地

  陽関文物観光の観光地は敦煌市の西南約70キロメートルほどにあり、漢唐の歴史遺跡、砂漠の自然風景、生態農業観光と陽関博物館などの景観から成っている文化価値型、観光型、レジャー体験型など多元素がある特色の観光地である。

  この観光地は名所旧跡が多く集まって、敦煌の文物分布は最も集中されている場所のひとつで、主に今から二千年余りの歴史を持つ文物遺跡、砂漠のオアシス自然景観及び現代の人文景観から成りたたれている。山の上に立った漢ののろしが小高い丘の上に立ちすくんでいて、観光地区の要害の高地で四方を見渡せるため、陽関の目と耳といわれ、陽関の歴史を目撃している。陽関博物館は観光地区の中心地帯に位置し、南ののろし遺跡から800メートルに、また骨董灘があり、陽関遺跡がそこにある。東には唐の寿昌城及び天馬の漢渥窪池旧跡がある。西南へ行くと、シルクロートの南道が連なっている山々の中を曲がっていく。近くの砂漠森林公園は木々が密生して、古い木の枝が空一面に伸ばし、渓流がサラサラ流れている。山に登って遠くを眺めると、阿尔金山(古名金鞍山)の真っ白な雪、ゴビ、広々とした砂漠など壮麗な景色を目に収める。漢晋の古墳が星のように近くに張り巡らすのに加えて、壮大な砂漠のオアシス自然景観が映って、全体の観光地区がすごく壮観に見える。

  嘉峪関文物観光地区

  世界文化遺産―嘉峪関は、嘉峪関市の西4.5キロメートルの所に位置して、明の時代の万里の長城の西の始まりであり、明の時代の万里の長城沿線で建造規模最も壮観で、保存状態が最もよい関所で「天下一の雄関」という美称が名付けた。

  張掖大仏寺

  張掖市内の隅にあり、紀元1098年に建てられ、釈迦如来の涅盤像を供養するため、また「臥仏寺」とも呼ばれる。大仏寺は元世祖フビライの出身地だと言われる。寺内での釈迦涅盤像は世界最大の室内木胎で、蓮華座に横わたり、身長は34.5メートルで、肩の幅は7.5メートルで、造形が素晴らしくて、自然的な様子をしていて、華夏の宝と言えるだろう。

  蹄寺旅行景区
  馬蹄寺の石窟郡は現在、37の文物遺跡洞窟が残っている。各時代以来の大切な塑像が500余り保存されている。壁画は1200平方メートルである。観光客はここでは裕固族の風俗習慣を体験することができる。

  張掖丹霞国家地質公園

  張掖丹霞地形の奇観は600万年前に形成され、南北の二大群落に分けられ、別々に臨沢、粛南県内に位置している。総面積は約510平方キロメートルである。ここは国内唯一の丹霞地形景観とカラー丘陵の複合区で、中国の最も美しい七つの丹霞地形の一つと「中国国家地理」という雑誌に批評されている。また2011年にアメリカの「国家地理」に世界の十大魔法のような地理奇観の一つと評価されている。

  雷台観光地区

  中国旅行名刺――馬踏飛燕(馬が飛んでいる燕を踏むという意味)の出土地は雷台漢墓である。その墓は後漢末期の大型レンガ墓である。馬踏飛燕はまた「銅奔馬」とも言われ、その鋳造技術が優れ、中国の古代靑銅芸術の逸品と言えるだろう。

  蘭州百里黄河風情ライン

  蘭州黄河の風光と名所旧跡に基づいて建設された百里黄河風情ラインは山水、人文古跡を融合させ、蘭州市の旅行の名刺である。また、観光客は古いヤンピーファ―ズに乗れるし、「牛の皮を吹き、黄河を渡る」という趣を体験すのもいい。

  山風景名勝区

  麦积山風景名勝区は麦积山、仙人崖、石門、曲溪と街子などの観光地区から成り立っている。麦积山石窟は中国四大石窟の一つで、精巧で美しい塑像で世に名を知られ、古来「東方彫刻陳列館」と呼ばれる。現在、洞窟が194、泥の人形、石の彫刻が7200余りあり、壁画が1300平方メートル以上である。

  豆知識:

  この路線は全長1380キロで、そのうち、蘭州-天水365キロ、蘭州-武威288キロ、武威-張掖246キロ、張掖-酒泉200キロ、酒泉-嘉峪関21キロ、嘉峪関-敦煌380キロである。この線路は東西に伸ばし、東は陝西省に接し、西は新疆一線に連なっている。この路線は自分なりの組み合わせができる。飛行機、列車、車どちらにも乗ることができる。

Copyright 2014 Gsta.Gov.cn All Rights Reserved        1280x1024の解像度を使用することをお勧めします        IE8.0以上のブラウザ
著作権甘粛省観光局       webmaster@gsta.gov.cn       ロングICP番号08000046