甘粛の美食
現在位置:ホーム > テキスト
慶陽臊子麺(けいようサオズミエン)

  慶陽臊子麺は民間の伝統的な食べ物である。臊子とは肉と野菜の小さな角切りという意味であるが、その長い麺を食べるときには、シーシーと口笛のような音が続くので、「哨子面」(サオズミエンといい、哨子は中国語で口笛の意味である)とも呼ばれている。慶陽臊子麺は明朝の洪武年以降、結婚式に現れ始めたそうで、随分古い歴史を有しているである。慶陽臊子麺は制作に精緻な過程があり、麺打ち、スープ作り、麺を茹でる作業などいくつかの工程からなっている。臊子麺は麺が糸のように細長いうえに強靭で切れにくくてしかも消化しやいので、年齢を問わず誰にでも好まれている。それに、スープの素材の違いにより、臊子麺と酸湯麺(スウアンタンミエンといい、酸味風である)の二種類がある。臊子麺は人々の食欲をそそる香りであり、酸湯面は喉越しがさっぱりしていて特別な風味がある。

Copyright 2014 Gsta.Gov.cn All Rights Reserved        1280x1024の解像度を使用することをお勧めします        IE8.0以上のブラウザ
著作権甘粛省観光局       webmaster@gsta.gov.cn       ロングICP番号08000046