酒泉
現在位置:ホーム > テキスト
酒泉市

  酒泉市は甘粛省の西北にあり、甘粛省の名前の「粛」という字の由来地である。早くも西漢時代には「河西四郡」の筆頭にあげられ、中原が西域への交通の要衝で、シルクロードの要衝でもある。市の総面積は19.2万平方キロ、人口は109.6万、1区2市4県が設けられる。

  酒泉市の地勢は南は高く、北は低くて、西南から東北に傾ける。南部の祁連山地は3000-5000メートルの高山群が、幾重にも連なっていて、高くて険しい。シュレ川流域は内陸に位置して、酒泉地域の西部にあり、典型的な大陸性気候に属して、海抜170―1900メートルである。酒泉地方の南部の山地は寒冷地半乾燥気候で、年平均気温は4℃―6℃である。走廊地帯は温帯干ばつ気候で、年平均気温は約5℃~9℃である。気候の総特徴は降水量が少なく、蒸発量は大きくて、甘粛省、および中国でも雨量が一番少ない地域の一つである。それと同時に、甘粛省で蒸発量が最大地区でもある。日照時間が長く、昼と夜の温度の差が顕著で、夏は暑くてやや短く、冬は寒くて比較的に長いが、春になると、温度の回復が速い。干ばつで風が多くて、安西は古くから「世界風庫」と呼ばれる。

  夏、商、周、春秋戦国から秦には、前後して西、氐、月氏、烏孫、匈奴などという古い遊牧民族は居住して遊牧狩猟で、争合った。西漢の元狩2年(紀元前121年)、大略の漢武帝は驃騎将軍の霍去病を派遣して2回河西へ匈奴を討ち、大勝利して河西を手に入れると、ここに四つの郡と二つの関を置き、(酒泉、武威、張掖、敦煌、陽関、玉門関)、長城や亭障を建て、移民屯田で、農業を発展し、シルクロートを開通し、ここで開拓と発展していた新たな一章を開い。これ以後、この魔法のようなオアシスで文化、芸術、関所要塞、万里の長城のろし、砂漠駱駝の鈴、画と燈火、石窟仏陀を輝かしく育てた。悲壮な戦い、開拓の苦労、伝奇物語、豪快な詩などによって色彩の美しい歴史絵巻を描き出し、豊かな文化の底の流れにもなる。

  酒泉は、山脈が連なり、ゴビが広大で、盆地も連なって、雄大で独特のある西北風景が形成される。雪一面の氷河の雪景色もあれば、清い渓流の平原オアシス、そして砂漠の蜃気楼もある。

  酒泉西漢勝跡
  酒泉西漢勝跡は泉湖公園とも言い、酒泉市の東2キロにあり、面積は27万平方メートルで、河西走廊で完全的に保存されてきた唯一の漢代の庭園である。2千年余りの歴史を持ち、西漢の史実に基づいて作られたこの公園は大漢の雄大な姿を表現し、江南の秀麗さを取り入れる古典の庭園と言える。

  観光地内に漢古酒泉、左公柳、泉湖や大量の庭園の古い建築群といった主な歴史的名勝がある。その中には、古泉は酒泉市の名前の由来の泉で、すでに数千年の歴史を持ち、酒泉文化の核心と言える。園内には清代の「西漢酒泉勝跡」と「漢酒泉古郡」という石碑があり、左宗棠によって揮毫された「大地醍醐」といった偏額も掛けられていた。そこに、酒泉勝跡、月洞金珠、西漢の景勝、祁連澄波、煙雲の奥、曲苑宴会、花月双清、蘆伴晩舟が八つの観光スポットもある。古木名木が、空を覆うように高く聳え、亭台楼閣に画を書き、彫刻されて、古くから「塞外の江南」、「砂漠の明珠」という名誉を持ち、酒泉への旅には不可欠な所である。

  玉門赤金峡風景区
  玉門赤金峡という風景区は玉門新市街の北ほど50キロで、石油川の中流の赤峡の穀に位置し、景色が美しくて、気候が穏やかで、豊富な観光資源を持っている。

   観光地には雄大なダム、勢いの巨大な水力発電所、赤金断水の碑、滴水観音、龍口滝、百メートルの滝と竜王閣、山の神の居、趙公祠など多くの自然景観と人文景観がある。また「西北第一の漂流」の河道漂流やヨットダッシュ、水泳砂浴、ボート釣り、上空滑索などの遊びプロジェクトをも持っている。

  2012年に、この観光地区で「衝関赤金峡」といった大型の水上の娯楽プロジェクトが建てられた。狂気の滑走路、楽しいダイヤル、回転木、楽しい翻板、ドキドキ階段、そして激流勇進という水上競技の娯楽が6つある。西北で初めての大型水上娯楽プロジェクトになり、多くの観光客の目を集めている。

  酒泉富康夢天国の観光地区

  酒泉富康夢天堂は酒泉市の肃州区の冨康路にあり、「酒泉夢天堂、大西北四季如春の場所」と呼ばれる。主なプロジェクトには、ショッピング観光、奇石展覧、テレビ制作、文芸演出、書画交流及び旅行商品の販売などがある。

  観光地の観光街は芸術的な庭園を主として、庭園街内の築山は世界で一番高くて、最大の室内の人工山水で、上海大世界ギネスの「最高の室内の築山」という証明書を獲得した。同時に上海大世界ギネス証明書が得られたのは、いろいろな奇石が1200個余り並べらている奇石文化レジャー街である。その街には奇石、書道、彫刻芸術をはじめ、1000メートルの梅干の果樹も植えられる。今世界で最も長く、並べられた奇石が最大で最も多い室内の町である。

  生態観光スポットに、サルスベリ花卉盆栽を中心とする200株余りの盆栽花卉が陳列され、花見を楽しんでいる観光客がひっきりなしに行き来する。民俗民情の芸能を主な内容とする空中庭園、そして科学普及と宝の鑑賞を中心とする4つの展覧館は、観光客により豊かな文化生活を奉げるとともに、観光地をもっと面白くて芸術的で、娯楽的にさせる。

  国酒泉衛星発射センター

  酒泉衛星発射センターは「東風宇宙都市」とも言い、略称は(JSLC)で、酒泉市の北東210キロの巴丹吉砂漠の奥深くにあり、中国の科学衛星、技術試験衛星とロケットの発射実験基地の一つである。ここには中国の創建最古、規模最大の総合型ミサイル衛星発射試験センターと中国の第一宇宙船発射基地がある。

  現在、観光客に対して開放されている所は、ロボット打ち上げ場、コントロールセンター、長征2号ロケット、検査観測センター、酒泉ロボット発射歴史展覧館、革命烈士陵園、東風ダム、砂漠胡楊林などである。

  莫高窟

  莫高窟は、「千仏洞」とも言われ、敦煌市の東南25キロのところにあり、山西省大同の雲崗石窟、河南省洛陽の龍門石窟、甘粛天水の麦积山石窟と共に、中国の四大石窟と呼ばれる。莫高窟の建設は十六国の前秦の時期から始まり、、十六国、北朝、隋、唐、五代、西夏、元などなど各時代を経て建てられて、巨大な規模が形成された。莫高窟は洞窟が735あり、壁画が4.5万㎡で、泥の彩色塑像が2415点を持って、世界で現存する最大規模、内容の最も豊富な仏教芸術地である。

  敦煌石窟は500余りの洞窟で保存されてきた絵画、彩色塑像が492点ある。石窟の建築と機能によって、中心塔柱式窟(支提窟)、殿堂窟(中央仏壇窟)、覆斗室、大像窟、涅盤窟、禅定式窟、僧坊窟、倉窟、影窟、埋葬窟などの形制、といくつかの仏塔に分けられる。最大の窟は高さが40メートル余り、幅が30メートルであるが、最小のは高さが尺に足らないほどである。早期の石窟に残されてきた中心塔柱式から見れば、古代の芸術家が外来芸術を受けながら、消化・吸収し、それを中国の民族形式にさせて、現存する古い建築の傑作を作ってくれた。複数の洞窟の外によく保存されてきた唐、宋代時代の木造の窟の軒が、得難い木造の古建築実物の資料で、非常に高い研究価値を持っている。

  莫高窟の洞窟壁画が絢爛多彩で、お経の物語、山川風物、パビリオンなどは大量の壁画芸術の中に体現されている。古代の芸術家たちが民族文化の基礎に踏んで、イラン、インド、ギリシャなど古代芸術の長所を取り入れて作った莫高窟の洞窟壁画は、中華民族の先進的な文明の象徴である。各時代の壁画は異なっている絵画スタイルを反映し、中国の封建社会の政治、経済、文化の状況をも表現し、中国の古代美術史において輝かしいページを書き、中国の古代史の研究に貴重な形象資料を提供してくれた。

  敦煌の鳴砂山と月牙泉(AAAA

  鳴砂山、月牙泉は敦煌を出て南へ5キロほどにある。古来から「山泉の共存、砂水の共生」という不思議な景観で世界に知られ、「関所以外の風景の一品」と讃えられる。鳴砂山、月牙泉は莫高窟の芸術景観と相まって、敦煌市の南から出てきた「二絶」であり、中国ひいては世界人民のあこがれの観光地でもある。

  鳴砂山は古くから「砂角山」とも「神砂山」とも呼ばれ、観光客が砂山登山の時、斜面を滑り降りると、砂が鳴り響いたので鳴砂山と名付けた。その砂は赤、黄色、緑、黒、白の五色で「五色の砂」と呼ばれる。砂丘の間には新月形をした湖が、山に抱かれるようにして横たわっている。清らかでその表面は鏡のように静かなこの湖が月歯泉と言われる。数千年来、泉が砂山に抱かれ、砂山が泉に映っていて、まるできらきらと透明な翡翠が砂山の奥山に嵌め込んでいるようである。「風が吹くと砂を挟んで鳴り響き、月が泉に映って埃一つもない」という言葉がある。流砂のと清水の間はわずか数十メートルだけであるが、狂猛な風が吹いても泉が砂に埋もれなく、そして、ゴビ砂漠に位置しながら乾かない。このような「砂と水が共生で、山と泉が共存する」といった地形の特徴は、確かに奇談と言えるだろう。古人が「晴空万里真っ青の空、人間に美絶す月牙泉、銀山の四面からはまた山々、一池の清水緑の漣」歌を歌った。

  敦煌陽関文物観光地

  陽関文物観光の観光地は敦煌市の西南約70ほどにあり、漢唐の歴史遺跡、砂漠の自然風景、生態農業観光と陽関博物館などの景観から成っている文化価値型、観光型、レジャー体験型など多元素がある特色の観光地である。

  この観光地は名所旧跡が多く集まって、敦煌の文物分布は最も集中されている場所のひとつで、主に今から二千年余りの歴史を持つ文物遺跡、砂漠のオアシス自然景観及び現代の人文景観から成りたたれている。山々の上に立っが漢ののろしが小高い丘の上に立ちすくんでいて、観光地区の要害の高地で四方を見渡せるため、陽関の目と耳といわれ、陽関の歴史を目撃している。陽関博物館は観光地区の中心地帯に位置し、南ののろし遺跡から800メートルに、また骨董灘があり、陽関遺跡がそこにある。東には唐の寿昌城及び天馬の漢渥窪池旧跡がある。西南へ行くと、シルクロートの南道が連なっている山々の中を曲がっていく。近くの砂漠森林公園は木々が密生して、古い木の枝が空一面に伸ばし、渓流がサラサラ流れている。山に登って遠くを眺めると、阿尔金山(古名金鞍山)の真っ白な雪、ゴビ、広々とした砂漠など壮麗な景色を目に収める。漢晋の古墳が星のように近くに張り巡らすのに加えて、壮大な砂漠のオアシス自然景観が映って、全体の観光地区がすごく壮観に見える。

 

  敦煌雅丹地質公園

  敦煌雅丹国家地質公園は、敦煌市から西北へ約180キロにあり、面積は398平方キロメートルで、現在アジア最大規模、地質の形態の発育に最も成熟し、最も見る価値の雅丹地形群落である。『英雄』、『天脈伝奇』、『孫悟空』などの映画が皆ここで撮影された。

  この公園は主に風食の下で形成された雅丹地形景観で、古ロプノールの一部に属する。公園内に多様な造形の風食地形が集中して分布されている。例えば、「パオ」、「ラクダ」、「石鳥」、「石人」、「石仏」、「石马」などで、多彩で、本物にそっくりする。それはまるで中世の古い町のようで、世界の多くの有名な建築がここでその縮図を見つけて、世間に驚かせる。夜になると、強い風が吹いてきて、風の音が異様で、まるで無数の猛獣が猛り狂って入るようなので、人々を恐怖のドン底に落とすので「雅丹悪魔城」と名付けた。

  敦煌雅丹地質公園はその独特な砂漠風景、様々な形の地質奇観、古い民間伝説で数多くの観光客やエクスプローラの目を集めて、大自然の奥の秘密を探しに来る。

  敦煌古城

  敦煌古城は「敦煌映画城」とも「宋代の模倣砂州城」とも言われている、敦煌市から陽関公路の南側の砂漠ゴビにあり、市の中心から25キロである。1987年に日中合作映画敦煌の撮影のため、綿密に作られていた建造物である。中国の古代の町を参考に、宋代の清明上河図を手本としている。建築面積が1.27万平方メートルである。敦煌古城は建物が西域の風情が濃くて古式ゆかしい。古城は東、西、南に門があり、高く聳えている。城内には高昌、敦煌、甘州、兴庆と汴梁の五つの町並みが作られている。通りには寺院、質屋、商店、酒場と旅館などが並んでいる。古城は北宋の時代、中原と敦煌、古代敦煌と西域民族との頻繁な往来がうかがわれ典型的な地方特色を呈し、中国西部の建築芸術の博物館と呼ばれている。『封神演義』、『怒り剑啸狂沙』、『新竜門宿』、『敦煌夜谈』、『砂州王子』、『蜃気楼』など国内外映画が20点撮影された。古城は既に敦煌の主な観光スポットになる。

  金塔鴛鴦湖の風景区

  鴛鴦湖の景勝区は金塔県の西南12キロにある夹山峡の谷間に位置し、水に臨み、山に頼り、景色が素晴らしい。その建設工事は規模が大きく、勢いがよくて、自然に恵まれて、古くから「大砂漠の宝」、「プラグの明珠」という美称がある。

  金塔鴛鴦湖ダムの東の岸にある靑山寺区域、金塔鴛鴦湖靑山寺は金塔南部の天然的な壁である。金塔鴛鴦湖の靑山寺は歴史的な名所の古八景の一つでる。金塔鴛鴦湖靑山寺という場所は山々が連なっていて、周りの青山に囲まれて、きれいな景色である。

  酒泉常苑

  常青苑は甘粛省酒泉市の新城区の肃州道にあり、敷地面積は2000ムーで、農業産業化の建設を主体としている酒泉の唯一の、特色が鮮明で、施設が整っている現代施設農業観光の観光スポットである。

  酒泉常苑は酒泉市常花木会社によって1995年に6500万元の投資で建てられた。園区の中に国内外の珍しい植物が800種類余り植えられ、甘粛省の河西地域で最大の花苗木の繁殖馴化、そして育成の基地で、河西地域で最大の室内外の四季観賞熱帯植物園と盆景園を持っている。また、花卉展示ホール、応接室、会議室、書画芸術館及び独特な設計を持ているブドウ回廊、緑化通路などのサービス施設も行っている。

  阿克塞カザフ民族風情園

  民族風情園は阿克塞カザフ族自治県の中心地帯にあり、北は団結西路を境に、東は和平路に寄り、西は文化路に伸ばし、建設西路に至り、敷地面積は4.8万平方メートルである。山水園、競馬集会、レジャー、娯楽、飲食を一体させる特色のある民俗文化遊楽園区である。

  民族風情園は環境は優雅で、緑の木があちこち植えられ、花の香りが漂い、草が青々としている。その建築風格が特別で、牧畜業の文化の特徴を呈している。例えば、毡房式の建築が、風情園の近くにあるモスクと調和し、ユニークな風景線が形成される。園内に楕円形の競馬場が一か所建てられ、カザフ族民俗博物館が一つ、アジア最大のカザフ毡房が一つ、そして小型毡房が3列ある。

  民族風情園の主な娯楽プロジェクトには、民族歌舞ショー(例えば:カザフ舞踊、民謡の歌唱、民間の伝統楽器演奏など)、馬術活動(奔馬叼羊、娘の追いかけ、馬での綱引き試合、ラクダ試合など)、牧畜民の風情観光活動(カザフ牧畜民の生活の体験、民族特色のある風味スナックの味わい(例えば:馬腸、陰干し羊肉、手羊肉、ミルク豆腐、ミルク、バター、ミルクティー、馬奶酒など))、民俗博物館(阿克塞県の希少野生動植物の標本、鉱物資源サンプル、貴重な漢方薬サンプル、民族の歴史の文化財、民族衣装、民族の生活用品、生産手段、民間工芸美術品など)がある。

  敦煌三危山

  敦煌三危山は敦煌から東南へ行き、莫高窟に3キロの距離があるところを左に折れ、あと2.5キロメートルほど進むと、三危山の麓に着く。そこから曲がりくねった山道を3キロ進むと「三危圣境」に着く。

  三危山は敦煌の第一の圣境で、敦煌八景の一番と地方誌に書かれている。「危峰東屹」と言われる。三危山は東西数十裏と延長し、主峰の大泉河を隔てて鳴砂山と向かい合い、三つの峰が聳えていて、落ちそうに見えるほど険しくて、「三危」と呼ばれている。西から東へとおよそ6キロにわたって、山門鳥居、王母宮、観音井、阿弥陀仏殿、観音殿、竜王廟、平安廟、釈跡牟尼大仏、老君寺廟などの建物が分布している。遠い山にはまた、乐堂や各種の石碑、立像もある。

  瓜州橋灣城観光地

  瓜州橋湾城観光地区は安西県の東の80キロの道路の脇にあり、東西は320メートル、南北の幅は122メートル、殘高は5―8メートルで、四つの隅には角の切り株があり、城内には家屋の建築などの遺跡がある。以前はシュレ川に「天生橋」と言われる橋があって、交通の往来が盛んで、ここは自然的に川と湾曲して橋湾と呼ばれたといわれる。

  清の康熙帝は、ある夜夢を見た。そこは荒れた無人の地で、近くにオアシスがあり、清流が流れ、傍らには二本の大きな木があり、木の上には目も眩むばかりの王冠と玉帯が掛けられ、まるで仙境のようだった。康熙帝は、さっそく、夢の中の情景を絵師に描かれ、四方八方手を尽くして探させた。そしてついに、橋湾を見つけた。しかし、担当大臣は汚職官僚で公金を横領していた。康熙皇帝は激怒し、大臣を処刑し、その皮を剥いで太鼓にした。その太鼓は大きいのはスープ碗のような大きさで、小さいのは茶碗のような大きさであった。色は黄褐で少し汚れているらしかった。もし軽く叩くと、人皮がトントンと聞えて永寧寺に奉げ、使い込みをした見せしめとし、皇帝の権威を誇示した。橋湾城には博物館もあり、様々なゴビ砂漠野生動植物の標本、ミイラや文化財精品などが陳列されている。そのうち、世にも珍しい宝物の象牙仏のレプリカと楡林窟の精華の壁画の模写(比例1:1)もある。

 

  玉門「鉄人」王進喜記念館

  玉門市鉄人王進喜記念館は連霍高速道路赤金サービス区にあり、敷地面積は2000平方メートルで、総建築面積は7020平方メートルで、建築面積の主体は1230平方メートルで、外形は2層構造のアンティーク建設である。

  記念館全体ホールは「苦難時代」、「玉門の創業」、「大慶の奮闘」、「故郷の思いやり」、「精神永存」の5つの部分に分けられる。展示されたものには貴重な歴史写真260点余り、画像、そして実物など100点もある。日常生活用品、生産用品、学習用品、賞品などに分けられる。その棕櫚箱は、とりわけ貴重で、それは生前の鉄人王進喜の遺物で、わが館の一番重要な宝物でもある。また鉄人の同時期の物品、賞品も重要である。これも記念館の所蔵の基礎を構成しました。記念館は実物陳列、画像陳列、電子オーディオ設備、シーンの復元、雕像、地形の復元模型など多種多様な表現形式を通じて鉄人王進喜の生まれてからの37年間の生涯、及び大慶生活仕事の最後の10年間を展示し、短いが平凡ではない鉄人の人生、そして今日の玉門の輝かしい発展を紹介し、王進喜の愛国、創業、着実さ、献上の一生、および玉門人民勤勉勇敢、困難創業、無私な献上の奮闘精神を反映している。

 

Copyright 2014 Gsta.Gov.cn All Rights Reserved        1280x1024の解像度を使用することをお勧めします        IE8.0以上のブラウザ
著作権甘粛省観光局       webmaster@gsta.gov.cn       ロングICP番号08000046